ベアタンク小型水槽で卵生メダカの飼育を楽しむブログ

これだけは揃えよう!卵生メダカ飼育に必要なものリスト

卵生メダカ飼育の準備をしよう!

さぁ、卵生メダカの飼育をはじめましょう!

はじめるにあたり、どんな準備が必要になるでしょう?

この記事では、具体的に水槽を立ち上げ、ペアを導入してどのように飼育していくか、用意するものを1つ1つ挙げて解説していきます。

水槽

30センチ以下の小型水槽を用意しましょう。
1ペア飼育であれば25センチ角あれば充分です。
ガラス瓶のようにあまり小さすぎると、水が汚れやすく水質が不安定になりやすいです。

材質はアクリル製でもガラス製でもよいです。
最近はどちらも同じくらいの値段で売っています。

アクリル水槽のメリットは軽いこと。水槽を洗う時に便利です。
逆にデメリットは傷がつきやすいこと。一度傷がつくと目立って観賞時にけっこう気になるものです。

一方のガラス水槽はメリットとデメリットが真逆で、重くて傷がつきにくい。

どちらを選ぶかは人それぞれですが、私はこのガラス水槽を使っています。

透明感にこだわるフレームレスガラス水槽 W25×H17×D21cm

細かな傷がつきいガラス水槽でクリアで見やすくリーズナブルです。私の場合、水道の近くに水槽を置いてるため、水槽丸ごと大掃除の時でも持ち上げて距離を移動することがないので、水槽の重さはあまり気にならないこともガラス水槽を選んだ理由です。ちなみにこの25センチ水槽だと水量は7Lくらいです。

また、水槽に蓋はいらないです。
ノソブランキウスはジャンプして飛び出す心配はほとんどありません。
(アフィオセミオンなどは飛び出す可能性あるので注意)
また、私の場合、フィルターを使わず水面から酸素を取り込むスタイルですので、蓋をすると酸素が取り込みづらくなるデメリットがあります。

水は水道水をテトラ コントラコロラインなどの塩素中和剤でカルキ抜きしただけでオーケーです。

ただ、一番最初に水槽を立ち上げ魚を導入する時だけは、100%水道水だと導入前に育った飼育水の水質がわからないため、その水質ギャップが大きいと魚が対応できずに弱る可能性があります。

魚を導入する際は個体と一緒に入っている飼育水をできるだけ多く使うとよいでしょう。
魚を入手する際に、飼育水を多めにください、と言うと大抵は多めに入れてくれます。

水道水に含まれるカルキ(塩素)やクロラミンを速やかに中和し無害にする定番水質中和剤。

ヒーター

ヒーターは最低18度以上になるサーモスタット付きが良いでしょう。
サーモスタットとヒーターが一体型のオーヒーターの小型のものが、小型水槽にはピッタリで使いやすいです。

ちなみに私はこれを使っています。金魚用と書いてありますが別売りのメダカ用と中身が同じですがなぜかこちらの方が安いです^_^  

温度固定型ですが水槽の数だけ揃えても安くて耐久性充分です。

水温を18度に維持するオートヒーター。26度ヒーターに比べて50%以上省エネ。
冬場の保温対策についてはこちらの記事で詳しく解説しています。小型水槽がメインとなる卵生メダカならではのアイデアも紹介していますのでぜひ合わせてご覧ください。
関連記事

卵生メダカ小型水槽での保温の考え方以前、夏場の高温対策について記事を書きましたが、今回は冬場の低温対策=保温対策について解説したいと思います。※ちなみに夏場の高温対策の記事はこちらです。[sitecard subtitl[…]

ラムズホーン

ここからは道具ではありませんが、主役のメダカと一緒に水槽に入れる助っ人たです。

①ラムズホーン
②水草

まずは、ラムズホーン。小さくて可愛い貝の仲間です。

レッドとかピンクとかブルーとかいろいろ種類がありますが、なんでもよいです。

残り餌を食べてくれたり水質向上を助け、メダカに最適な環境を作ってくれます。
ラムズホーンの調子が水質のバロメーターともいえるので、ぜひ導入してください。小型水槽に2匹くらいを目安に。

こちらも町の熱帯魚屋さんではあまり見かけませんが、通信販売でメダカと一緒に売っています。

殻長0.5から1.5cm程度。どんどん殖えます。

他の貝でも代用できるかもしれませんが、なにせ定番なので、よろしく。

ラムズホーンについてはこちらの記事で詳しく解説しています。どんな貝なのか確認してみてください↓

関連記事

可愛い水槽の同居人今回は卵生メダカではなく、水槽の同居人、レッドラムズホーンをご紹介します。ラムズホーンは淡水に生息する貝ですが、洋名ではスネールというカタツムリの仲間になります。なぜ同居人として紹介するかというと、卵生[…]

水草

次に水草ですが、こちらは薄暗い環境でも成長する種類がよいです。

具体的に言うとアヌビアスナナやミクロソリウムが最適です。

小型水槽なので、高さ5センチくらいで石などに活着しているものが使いやすいです。

あまり光を必要としない水草としてウィロウモスの名前が上がることがありますが、ノソブランキウスの場合は注意が必要です。ノソブランキウスは水底の草や土に卵を産むことから、ウィロウモスに卵を産みつけてしまうことがあります。
卵は産みつけた産卵床ごと乾燥させて休眠させる必要があるため、その時にウィロウモスが腐ってしまうため好ましくありません。

あと、あると良いのが浮草です。水面に浮かべて増えていく種類でアマゾンフロッグピッドやマツモなどが有名です。
他には、ロタラやウォータースプライトなどをそのまま水面に浮かべておいてもよいです。
浮草があると光合成の効果が増し、酸欠防止に一役買いますし、なにせ魚が落ち着きます。

詳しくは、こちらの記事で卵生メダカと相性がよい水草について解説していますので、こちらもご覧ください。

関連記事

水草に映える卵生メダカ熱帯魚水槽といえば、やっぱり水草。緑に映える魚たちの泳ぎを見ていると心が洗われます。熱帯魚を水草水槽に泳がせるのはアクアリストの楽しみです。カラフルな卵生メダカは水草に緑にとてもよく映えます[…]

関連記事

ベアタンク小型水槽のメダカ飼育に最適な浮き草水草はいろいろありますが、今回はその中で小型水槽でのメダカ飼育に欠かせない「浮き草」について解説します。浮き草は、その名の通り水面に浮かんで増えるタイプの水草で、植え込んだりする必要が[…]

餌は、2センチ以上の成魚の場合、冷凍アカムシが管理しやすくおすすめです。

生き餌(アカムシ、イトミミズ、ミジンコ、ワーム類)がよいのでしょうが、入手がしにくく管理も大変なので。
冷凍アカムシでグングン成長して繁殖していきます。

冷凍アカムシはペットショップでも通信販売でも購入できますし、冷凍庫に入れておけば1年以上もちます。

市販の冷凍アカムシはブロック状に区分けされており便利ですが、卵生メダカ1-2ペア程度の飼育だと1ブロックでも余ってしまいます。
その場合、冷凍状態のままハサミで切り、1/2か1/3にして使う分だけを小分けにして、あとはまた冷凍しておけばよいです。

また、ブロックのサイズ自体が小さいものが販売されているので、鮮度維持の観点からはこれが一番おすすめです。

小型水槽や少数飼育におすすめの少量パックの冷凍アカムシ。従来品の約2.5分の1のサイズ(40gで32キューブ入)

給餌回数は、1日2-3回残餌が残らない量を与えるのがよいとされています。
ただ、働いたりしているとそれは無理なので、1日1回あげられれば充分です。
ちなみに旅行や出張で不在となる場合でも1週間くらい空けておいても生きている生命力はあります。
体験談です。(笑)

餌については、稚魚用も含めてこちらの記事でもまとめて解説しています。

関連記事

餌は何をあげよう毎日に飼育で欠かせないのは餌ですよね。卵生メダカは雑食で慣れればいろいろな餌を食べますが、他の熱帯魚同様、栄養価の高い餌を適量与えることが成長には大切です。また、繁殖を考えた場合、小さく稚魚の口に入る餌で[…]

水換え

基本的に大がかりな水換えはしなくて大丈夫です。

その代わり、毎日の餌やりの時にスポイトで、水槽の底にある今与えた餌の残りや糞を吸い出して捨ててください。
週に1回くらい、減った水量の分だけ新しくカルキ抜きした水を足して、水深を戻してあげれば完璧です。
これでこまめな水換えができていることになり、蒸発した水の補充もできます。

卵生メダカの体調管理にあると非常に重宝するのが「塩」です。

魚の調子が不安定な時に手軽に使えて効果的絶大ですので必ず用意してください。

卵生メダカ飼育での塩の使い方は、下のリンク記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

関連記事

なぜ卵生メダカに塩?卵生メダカ飼育にはよく「塩を入れるとよい」と言われます。海水魚ではおなじみの塩ですが、なぜ、卵生メダカに有効なのでしょうか?理由は、病気予防と初期段階での改善、弱ったメダカの体調を整えるのに非常に有効[…]

(番外編)バックスクリーン

これは特に必要ありませんが好みの問題で設置したい方はどうぞ^_^

小型水槽でのバックスクリーンのアイデアをこちらの記事でご紹介していますので、興味ある方はぜひご覧ください。

関連記事

バックスクリーンの必要性アクアリウムには水槽の背景にいろいろな色のバックスクリーンを貼るのは当たり前になっていますよね。背景色を変えるだけで世界観を一変させることができて便利です^_^一番多いのは黒でしょうか?日本で熱帯[…]

以上、用意する道具や日々の管理も少なくてすむ(ようにしている??)ので皆さん気楽に飼育を始めてみてくださいね。

また、日々のメンテナンスにあると便利な小道具についてこちらの記事で紹介しています。合わせてご覧ください。

関連記事

小型水槽アクアリウムに必須のおすすめアイテムたち卵生メダカを飼育するにあたっては、小型水槽で扱いやすいメンテナンス小道具が欠かせません。アクアリウムで必要となる小道具にはいろいろありますが、今回はあると便利な5つの必需品を選ぶポ[…]

あと、一番肝心なのは主役の卵生メダカですよね。卵生メダカの生体の入手ルートや方法はこちらの記事で解説しています。

関連記事

入手が難しい卵生メダカ卵生メダカは日本国内ではまだ飼育者が少なくブリーダーも少ないため、他の熱帯魚と比較して生体を入手するのが難しいというのが現状です。街のペットショップや大型熱帯魚店では、需要が少ないこと、品種毎のペア飼育で管[…]

小型水槽の夏場の水温上昇対策に「ここひえ」がおすすめな理由

ピンポイントで冷却できる小型冷風扇。一晩中つけても1.3円と省エネで、部屋全体を冷やすエアコンより約95%もお得です。

 

>楽でお得で安心!新しい水の使い方

楽でお得で安心!新しい水の使い方

●水道直結だからボトル運搬やタンクの交換が不要!

●どれだけ使っても定額だから長期的にコスト削減

●細菌や臭みを除去し大切な成分は残す安心フィルター

CTR IMG