ベアタンク小型水槽で卵生メダカの飼育を楽しむブログ

卵生メダカ ノソブランキウス同士を混泳させてみた

卵生メダカ同士の混泳について

熱帯魚にはいろいろな種類がいてコレクションして楽しむのはアクアリストの醍醐味ですよね。

でも卵生メダカには一般的に1品種1水槽で飼育されているイメージがあります。これはグッピーなどでも同様ですが、品種維持の観点から品種間の交雑を避け累代維持していくことに重きを置くケースが多いからです。

でも、カラフルな卵生メダカだからこそ、いろいろな種類を同じアクアリウムに泳がせてみたくなるのが飼育者の野望というものです^_^

今回はノソブランキウスの混泳水槽にチャレンジしてみました。

ノソブランキウス ラコビーとパトリザイ

今回の混泳水槽には、2種類の卵生メダカを泳がせてみます。

まずは熱帯魚界の宝石、世界で一番美しい熱帯魚とも言われるノソブランキウス ラコビー。頭部からのオレンジのカラーリングに鰭のエメラルドブルーが映え、ボディ全体にさまざまな色合いを魅せてくれる小型美魚の雄です。

かたや、同じ卵生メダカの中でもシックで落ち着いた印象をもつノソブランキウス パトリザイ。ブルーブラックのボディに鰭の紅がアクセントとなるお洒落さんです。

共に、飼育しやすくて温和な卵生メダカです。

どちらも長年私のお気に入りのノソブランキウスです^_^

ちなみに、ノソブランキウスの生物学的分類では、口先から頭までの長さや鰭の形などでグループ分けされていますが、このラコビーとパトリザイはそれぞれ違うグループに属します。ラコビーはラコビーグループ。パトリザイはメラノスピラスというグループになります。

ノソブランキウス混泳水槽

それではラコビーとパトリザイを水草いっぱいの混泳アクアリウムに合流させてみましょう!

手前がラコビー、奥がパトリザイ。

今回は45cm水槽にラコビーのオス1匹、メス2匹、パトリザイのオス2匹だけなので広々しています。

しかし、画質が悪いですね。ご勘弁を😅

水槽スペースが充分あるので喧嘩もしませんが、なかなか絡むシーンは見られません。

基本的に、ラコビーは水槽全面、パトリザイは水槽背面近くに自分の居場所を決めたような感じです。

こうやって近づいて同じ画角に入ってくると、卵生メダカマニアとしては見ていてとても興奮するシーンです。

あー、幸せを感じます。

他の熱帯魚では混泳は当たり前ですが、先にも書いたように卵生メダカは繁殖を前提とした単独品種の単独飼育がメインになるので、こういう絵面はなかなか見ることができません。

これからも、もっといろいろな種類の卵生メダカの混泳にトライしていきたいと思います!

最後に、このノソブランキウス混泳水槽を動画でもご紹介します。画像では少々わかりにくかったので、ぜひご覧ください。

 

また、卵生メダカと他の熱帯魚の混泳やオス同士の喧嘩対策について、またアフィオセミオンとノソブランキウスの卵生メダカ夢の競演については、下のリンク記事で解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

関連記事

卵生メダカ同士の混泳について卵生メダカはペア飼育が基本。と思っていませんか?実際、私もペア飼育やトリオ飼育をしていますが、これはあくまで品種維持のためで品種間の交雑を避け、それぞれ品種毎の卵を確保し、次世代につなげるため[…]

関連記事

アフィオセミオンとノソブランキウスの混泳計画卵生メダカ界の2大勢力、アフィオセミオンとノソブランキウス。この2つのグループはそれぞれにさまざまな種類がいてコレクションして楽しむ愛好家が多いことでも知られています。私もノソブランキ[…]

小型水槽の夏場の水温上昇対策に「ここひえ」がおすすめな理由

ピンポイントで冷却できる小型冷風扇。一晩中つけても1.3円と省エネで、部屋全体を冷やすエアコンより約95%もお得です。

 

>楽でお得で安心!新しい水の使い方

楽でお得で安心!新しい水の使い方

●水道直結だからボトル運搬やタンクの交換が不要!

●どれだけ使っても定額だから長期的にコスト削減

●細菌や臭みを除去し大切な成分は残す安心フィルター

CTR IMG