ノソブランキウス ローゼンストッキ 〜Nothobranchius rosenstocki〜

ノソブランキウス ローゼンストッキ

今回はノソブランキウス ローゼンストッキをご紹介します。

ローゼンストッキは比較的新しく発見された、ザンビア出身の卵生メダカです。

ノソブランキウスの中ではブリエニというグループに属する、以前紹介したミルバージやカプリビエンシスなどの仲間になります。

関連記事

頭でっかちのノソブランキウス今回は日本ではあまり流通していないノソブランキウスをご紹介します。ノソブランキウスの仲間は現在約70種類が発見されて分類されています。南アフリカの国や地域、生息している川の場所によってさまざま[…]

関連記事

独特の魅力をもつ ノソブランキウス カプリビ今回は、ノソブランキウスの中でも比較的新しい種類のカプリビをご紹介します。アフリカの卵生メダカの中でも比較的南アフリカ寄りのナミビア🇳🇦のカプリビという[…]

この仲間たちは、顎がしっかりいてやや頭でっかちな体型が特徴で、卵生メダカ界のシクリッドといった感じです(あくまで個人的見解です)^_^

オレンジ色の渋いノソブランキウス

それではローゼンストッキを観察していきましょう!

全身にわたりオレンジがかったやや褐色の体色が特徴です。

頭の部分はより濃いめの発色があります。

ボディは全体に透明感があります。

尾ビレはあまり大きくはなくシンプルで透けるようなオレンジ🧡

背ビレには濃いブラウンの細かくて不規則な紋様

背ビレの前側には黒いアクセントが入ります。

一方、尻ビレにはオレンジが強く出ます。

背ビレと尻ビレは垂直に広がり綺麗です。

各ヒレが開いた姿はとてもカッコいいです^_^

オレンジが強まったり、赤っぽく見えたり…

光のあたり加減で微妙に色合いが変わります。

全体的に統一感のあるカラーリングでいぶし銀の魅力があります。

性格も温和で落ち着いていて、どこか大人な雰囲気を感じます。

ちなみに休眠期間は3〜5ヶ月で、卵はたくさん産みます。

以上、今回は新しいノソブランキウスの紹介でした。

たくさんの種類がいるノソブランキウス、その他の仲間たちもこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

みにまるめだか

卵生メダカの種類について、品種毎の魅力と特徴を解説。おすすめのノソブランキウスの仲間たちもご紹介!…

自家繁殖の卵生メダカをヤフオクで出品中です!

 

>みにまるめだか自家繁殖の卵生メダカをヤフオク!で出品中!!

みにまるめだか自家繁殖の卵生メダカをヤフオク!で出品中!!

CTR IMG