ベアタンク小型水槽で卵生メダカの飼育を楽しむブログ

ノソブランキウス ルブリピニス 〜Nothobranchius rubripinnis〜

メタリックボディのノソブランキウス ルブリピニス

今回はノソブランキウスルブリピニスをご紹介します。

古くから発見されている種類で、ギュンテリーなどと同じ仲間になります。

私も以前から知っていたもののなかなか入手する機会がなく、今回初めて我が家のアクアリウムに仲間入りしました^_^

ボディが白くメタリックに輝き、頭と尾びれが赤いカッコいい卵生メダカです。

ルブリピニスは地域変異や個体差があり、もっと赤いボディになるものもいます。

カーディナリスの親戚

ちなみに別の記事で紹介しているカーディナリスは発見された時はルブリピニスとして扱われていました。途中からカーディナリスとして独立した品種として認定された経緯があります。

↓ノソブランキウスカーディナリス

※カーディナリスの紹介記事はこちら↓ ^_^

関連記事

赤いボディのノソブランキウス最近名前がつけられた比較新しいノソブランキウスの仲間をご紹介します。その名も、ノソブランキウス カーディナリス。アフリカで新たなタイプとして発見されてから、その鰭や鱗の模様などが似ていることか[…]

真っ赤っかなので全然違うように思えますが、体型や鼻先の長さやヒレはそっくりです。

特に背びれは特徴的で、ルブリピニスもカーディナリスも他のノソブランキウスと違い、黒い縁取りの入った独特のカラーリングです。

ルブリピニスの背びれは黒い縁取りの内側に黄色味を帯びた色が入ります。これがカッコいい!

メスは他のノソブランキウス同様、透明な白いボディです。

このペアは若親なのでまだ発色が薄いですが、オスは成熟するとカーディナリス同様、頭と尾びれ、尻びれだけが濃い赤になります。

ボディのメタリックとのコントラストが魅力的な卵生メダカになります。

これからの成長が楽しみです。

ブラインシュリンプを食べる可愛い姿を動画でご覧ください^_^

ルブリピニスの成魚

もう少し大人になるとこんな感じで重厚感が増します。

メタリックに輝くボディがカッコいいです!

頭部が赤、ボディが白のコントラストが独特のヴィジュアルですね。

背ビレと尻ビレのデザインも特徴的で、黄色と黒が混ざります。

真っ正面から見ると赤い顔が天狗みたいです。ノソブランキウスの特徴である受け口ではありますが、カラーの印象で締まった表情に見えます。

目が大きい(大きく見える)ですね。んーどの角度から見てもカッコいい^_^

後ろから見ると、白いボディが強調されて、その流線形のボディが際立ちます。

ヒレは真紅で、これもまたカッコいい!

この体型。隙の無いシャープさがたまりません。

全身が統一感のあるフォルムで鋭角なイメージ。まるでサメみたい😆

では、動画でも精悍な姿をたっぷりとご覧ください。

個性的な種類がたくさんいる卵生メダカ。他の仲間たちもこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

みにまるめだか

卵生メダカの種類について、品種毎の魅力と特徴を解説。おすすめのノソブランキウスの仲間たちもご紹介!…

 

 

 

小型水槽の夏場の水温上昇対策に「ここひえ」がおすすめな理由

ピンポイントで冷却できる小型冷風扇。一晩中つけても1.3円と省エネで、部屋全体を冷やすエアコンより約95%もお得です。

 

>楽でお得で安心!新しい水の使い方

楽でお得で安心!新しい水の使い方

●水道直結だからボトル運搬やタンクの交換が不要!

●どれだけ使っても定額だから長期的にコスト削減

●細菌や臭みを除去し大切な成分は残す安心フィルター

CTR IMG