ベアタンク小型水槽で卵生メダカの飼育を楽しむブログ

ノソブランキウス パトリザイ 〜Nothobranchius patrizzi〜

派手な卵生メダカの中で唯一無二の存在

昔、卵生メダカ飼育を始めたての頃に飼ったことのある私にとって馴染み深い卵生メダカをご紹介します。

ノソブランキウス パトリザイ

飼育難易度はかなり初心者向けです。

黒く地味な体色に赤い尾びれのコントラストが映える、ノソブランキウスの中では、渋可愛い種類です(笑)

ボディやヒレの唐草模様が非常に細かく、黒をベースに若干青みがかっており、光があたるとほんのりと青みが滲み出るようで繊細で美しいです。

上の画像はオスです。ちょっとピンぼけしてますが、細かい網目模様が分かるかと思います。
背びれと腹びれが丸っこく大きめなのもパトリザイの特徴です。

こちちらはメスです。

メスはグッピー同様、地味です。
幾分、黄色味がかった透明感ある体色。

メスはどの種類も同じく地味なので本当に見分けがつきません。

ではクイズです。
次の画像はオスでしょうか?  それともメスでしょうか?

答えは

オスです。

体色から考えると、メスですよね。

卵生メダカは水に慣れて落ち着いた環境だと本来の素晴らしく鮮やかな体色を魅せてくれますが、調子が悪いと色が飛んでしまうことがあります。

パトリザイは好不調により体色の差が大きいほうだと思います。

このオスも今はしっかり色が出てオスらしくなりました(笑)

シックで渋い絶好調のパトリザイを堪能しよう!

前述した通り、パトリザイは体調よく環境が合うと本当に素晴らしく綺麗なメダカです。

絶好調だと先ほど触れた体色が濃く鮮やかになり、尾びれの赤も深紅に染まります。また、背びれと腹びれはピンと張るように大きく開きます。まるで孔雀のよう。

動画でぜひたっぷりご覧ください。

こちらでは2匹のオスがヒレを目一杯広げてシンクロして泳いでいます。

ちょっと喧嘩もしてましたけどね😅

最後に、パトリザイ以外にも卵生メダカには魅力的な仲間がたくさんいます。こちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

みにまるめだか

卵生メダカの種類について、品種毎の魅力と特徴を解説。おすすめのノソブランキウスの仲間たちもご紹介!…

小型水槽の夏場の水温上昇対策に「ここひえ」がおすすめな理由

ピンポイントで冷却できる小型冷風扇。一晩中つけても1.3円と省エネで、部屋全体を冷やすエアコンより約95%もお得です。

 

>楽でお得で安心!新しい水の使い方

楽でお得で安心!新しい水の使い方

●水道直結だからボトル運搬やタンクの交換が不要!

●どれだけ使っても定額だから長期的にコスト削減

●細菌や臭みを除去し大切な成分は残す安心フィルター

CTR IMG