ベアタンク小型水槽で卵生メダカの飼育を楽しむブログ

ノソブランキウス エガーサイ (ブルー)〜Nothobranchius eggersi blue〜

地域変異の多いノソブランキウス エガーサイ

今回はノソブランキウス エガーサイをご紹介します。

卵生メダカの名前はどれも日本語での読み方が難しく、エガーサイだかエガーザイだかエッゲルシィだかはっきりしないので、人によって言い方が違うのですが、私が初めてこのメダカを見た雑誌に「エガーサイ」と書いてあり、それ以来自分の中ではずーっとエガーサイでした。ですのでこのブログではエガーサイで行きます😅

エガーサイは地域変異が多く存在し、アフリカのタンザニア地域の出身ではありますが、その中の小川によってかなりの個体差があります。

大きなくくりでは色の違いでレッド系とブルー系の2つに分けられますが、それぞれの中でも微妙な違いが多いことから、その小川のロケーションや採集時期により細分化して区別されています。他のノソブランキウスでもロケーション区別されている種類はありますが、エガーサイはそれがとても多くて複雑だということです。いつかそれぞれの違いを詳しく調べてみたいと思います^_^

ブルー系のノソブランキウス エガーサイの若魚

今回ご紹介するのはブルー系のエガーサイです🐟

ただ、ブルーと言ってもラコビーのヒレのように分かりやすいブルーではありません。
ボディに淡いブルーベースの発色がありますが全体の印象はホワイトです。

からだ全体が透明感のあるブルー系のエガーサイは背ビレ・尾ビレ・腹ビレ・前ビレすべて透けるようなカラーリングです。上品で神秘的な印象で綺麗です。また、色ではないですが背ビレと腹ビレの先端がギザギザな形に広がるのがカッコいい〜!

ヒレの外側のホワイトラインが泳いだ時にそよそよとひらめくのがたまらなく可愛いです。このヒレの外側のホワイトラインはレッド系のエガーサイの一部にも見られるもので、私はこのホワイトラインがエガーサイの一番の魅力だと思っています😊

ヒレ自体の大きさも、他のノソブランキウスに比べて大きく広がり存在感があるのもエガーサイの特徴かと思います。(パトリザイなども丸く広がりますが…。)

この子はまだ1.5センチくらいの若雄なのでまだまだこれからですが、ベルベットのように厚みのあるヒレに発達してホワイトラインがひらめく姿を今から期待しちゃいます😄

ヒレ自体の透けるような透明感。特に尾びれの透け感はハンパないですね。背景が見えてしまうくらいスケルトンです^_^

背びれと腹びれには独特の赤いドットが入っています。これはこれから成長してどのような柄になっていくのか楽しみです。

前びれは完全なる透明で、その先にブルーラインが入っていてすごくお洒落です!

光の当たり方で発色の見え方がすごく変わります。この画像ではブルー系らしいボディの青の発色が強く出て見えます。ボディには赤の模様も混じりますが、これもこれから成長するにつれ変化していきそうで楽しみです。

水草とたわむれるエガーサイ。

なんとも上品なノソブランキウスです。青白い光を放つような不思議な魅力があります。

エガーサイはレッド系や、ブルー系でも地域変異によりさまざまなタイプがいて、それぞれ赤や白のカラーバランスが異なるのが面白いです。コレクションするのも楽しそうですね。

ブルーの発色が強まるエガーサイの成魚

続いては、もう少し成長して成魚になったブルー系のエガーサイです。

レッド系とはまったく違う魅力があります。

小さい頃は透明感のある白ですが若親になると青の発色が強まります。

青の出方が違いますね!

正面から見たお顔は可愛い^_^ 妖精みたいです。

角度と光りの当たり方で色合いがキラキラ変わります。これはブルーが強め。

水草に映えます!洗練された印象でカッコいいです!

ブルーの中に赤が透けるように見えることも。

ヒレには赤いスポットが透けて見えます。

この子はしばらく体調を崩していて薬浴明けの直後なのでヒレがボロボロなのですが、すごい回復力でがんばっています👍

最後は大あくび😅

それでは動画もご覧ください。

エガーサイの動きを見てみよう!

最後に綺麗で可愛いエガーサイが泳ぐシーンを動画でご覧ください。

ホワイトラインの入ったヒレのひらひらがたまりません!途中であくびしたりして可愛いので見てやってください🤗

もう一つ、エガーサイの若雄が餌を食べているシーンもご覧ください。

食後に口に糸のようなものが挟まってしまって気になっている姿がまた可愛いです^_^

エガーサイは私にとって昔から憧れのメダカだったのでついつい褒めちぎってしまいましたが、本当に素敵なメダカです。

また、成長していく姿を記事でご紹介したいと思います。

他の卵生メダカの仲間たちもこちらでご紹介していますので、ぜひご覧ください!

みにまるめだか

卵生メダカの種類について、品種毎の魅力と特徴を解説。おすすめのノソブランキウスの仲間たちもご紹介!…

小型水槽の夏場の水温上昇対策に「ここひえ」がおすすめな理由

ピンポイントで冷却できる小型冷風扇。一晩中つけても1.3円と省エネで、部屋全体を冷やすエアコンより約95%もお得です。

 

>楽でお得で安心!新しい水の使い方

楽でお得で安心!新しい水の使い方

●水道直結だからボトル運搬やタンクの交換が不要!

●どれだけ使っても定額だから長期的にコスト削減

●細菌や臭みを除去し大切な成分は残す安心フィルター

CTR IMG