ベアタンク小型水槽で卵生メダカの飼育を楽しむブログ

フンデュロパンチャックス ガードネリー (アフィオセミオン ガードネリー)〜gardneri〜

初心者向けの非年魚 ガードネリー

フンデュロパンチャックス ガードネリーを入手したのでご紹介します。

卵生メダカ全体の中でも、昔からとても有名で人気のある種類です。

元々はアフィオセミオン ガードネリーとして知られていましたが、分類学上の区分が変更になり、アフィオセミオン属からフンデュロパンチャックス属へと変わったため、現在の学名はフンデュロパンチャックス・ガードネリーになりました。

今まで長年アフィオセミオンの代表選手として語られてきたので、正直なかなか馴染めませんが…😅 もちろん、飼い方や繁殖方法は変わらずアフィオセミオンと同じです😆

ガードネリーは国内流通も盛んで入手しやすく、初心者でも飼いやすいと言われています。ただ実は私は今回初めてのお迎えになります。楽しみでしかたありません^_^

ガードネリーの美しさ

卵生メダカのオスはカラフルな体色や柄を持つ種類が多いです。派手さに関してはノソブランキウスよりアフィオセミオンの方が奇抜な色柄を魅せてくれる仲間が多いのではないかと思います。
ガードネリーも御多分に洩れず、独特な体色とヒレを持ち合わせています。

体型はアフィオセミオン系ならではの、スマートなボディと鋭角のヒレのバランスがカッコいいメダカです!

そのボディは半透明に青みがかった透き通るような不思議なカラーで、アフィオセミオンの中では地味目か?と思わせておいて、その上に入る赤のスポット!

規則性があるようで無いかのような絶妙なまだら模様を生み出しているのが魅力的で最大の特徴です。なんとこのスポット、前ビレにまで入っています。

さらに背ビレ・尾ビレ・尻ビレには、ボディからの延長となるブルー、そしてレッド、さらにはイエローの3つのカラーが綺麗な層になりヒレの形状を際立たせています。

特に端に入るイエローラインはとても鮮明で水草水槽に泳がせると、緑に映えて最高に美しいです^_^

ヒレにも赤や黄色の紋様が入り、とても綺麗です。

どこか野性味があり民俗衣装的な印象を受けるデザインですよね。卵生メダカはアフリカや南米の出身なのでその生まれた土地の文化を継承しているようにも思えてしまいます。

ガードネリーのメス

かたやメスを見てみましょう。

メスはノソブランキウス同様、地味な体色です。でもメスもやはり少しスレンダーですね。

白くて透明感が強く、お腹の中の卵が透けて見えていますね^_^

最後にガードネリーのオスが水面で佇んでいるシーンを動画でご紹介します。光があたる水面で見るガードネリーはまた雰囲気が違います。

光が当たるとよくわかりますが、オスもボディ自体は非常に透明感があります。色のカラフルさだけでなく、ガードネリーはこの透明感を楽しむのが醍醐味だと思います。

以上、ガードネリーについてご紹介しましたが、同じ非年魚では以前にアフィオセミオン オーストラレもご紹介しているのでよろしければご覧ください。

関連記事

非年魚の卵生メダカ今回紹介するのは、卵を産む卵生メダカの中でも、非年魚という2ー3年は生きるタイプの卵生メダカです。一番有名なのはアフィオセミオンという種類になります。以前飼ったことがあり、ノソブランキウス同様顔つきが可[…]

また、ガードネリー含め卵生メダカ非年魚の繁殖方法についてはこちらの記事で解説しています。

関連記事

アフィオセミオンの繁殖方法卵生メダカの非年魚を殖やすにはどうすればよいのでしょうか?この記事ではアフィオセミオンを例に非年魚の繁殖方法について解説します。他の非年魚も同様のやり方で繁殖可能です。年魚のノソブランキ[…]

飼育方法はノソブランキウス含め他の卵生メダカと同じで大丈夫です。

みなさんもぜひ飼ってみてください。おすすめです^_^

小型水槽の夏場の水温上昇対策に「ここひえ」がおすすめな理由

ピンポイントで冷却できる小型冷風扇。一晩中つけても1.3円と省エネで、部屋全体を冷やすエアコンより約95%もお得です。

 

>楽でお得で安心!新しい水の使い方

楽でお得で安心!新しい水の使い方

●水道直結だからボトル運搬やタンクの交換が不要!

●どれだけ使っても定額だから長期的にコスト削減

●細菌や臭みを除去し大切な成分は残す安心フィルター

CTR IMG