ベアタンク小型水槽で卵生メダカの飼育を楽しむブログ

観察!卵生メダカの繁殖行動③ 〜ノソブランキウス エガーサイ〜

卵生メダカ 年魚の楽しみ「繁殖」

今回は、先日お迎えしたノソブランキウス エガーサイの繁殖シーンをたっぷり観察してみたいと思います。

卵生メダカ、特に年魚の飼育の楽しみは、なんといっても「繁殖」!

わずか1年しか生きない年魚たちは、短い一生ではありますが、その分だけ濃厚な時間を生きていると感じます。だから次世代に遺伝子を残すための繁殖行動も毎日のように行われます。

ただ、その瞬間に立ち会うのが意外と難しい😅

こちらが見ている時は産卵床になかなか入らなかったり、入ってもすぐ出て行ってしまったり…😂

今回は繁殖行動に入る直前から産卵の瞬間まで、産卵床を接写して観察したいと思います。

産卵床に入るのを待つ

この水槽にもすっかり慣れたエガーサイ。いつ見ても大きなヒレが魅力的です。

メスと遭遇。ちょっと体格差がありすぎるペアです。

オスが誘うもメスは素通り。まだ繁殖気分では無いようです。

寂しそうなオス😂 どこか哀愁を感じます…。

それでもあきらめずにメスを優しく追いかけます。

あまり相手にしてもらえないので、ひとり産卵床のピートモスの上で佇むオス。

ひとり繁殖行動⁈ ピートに潜っては暴れまわっています😅

メスの前ではあんなに優しいのに、やはり寂しさからストレスが溜まっているのかな…?

産卵床に入ってからは…

ようやくメスも産卵床に入ってきてくれました。

オスはさっそくメスに寄り添って優しく誘います。

やっぱり体格差がありますねぇ😅 オスがかなり大きいです。

ペアに体格差がありすぎる場合、小さい方のメスが疲れてしまい繁殖がうまくいかないこともあります。

でもこのオスはとても紳士的で、ガツガツとメスを追い回すことはしません。

そのせいか、ようやくこのメスもオスに対する信頼感がわいてきたような感じにも見えます。

そんな優しい誘い方のシーンを動画でもご覧ください。

 

ついに産卵の瞬間!

そんなペアは次第にピートモスの近くでからだを寄せ合うようになりました。

完全に繁殖準備モードですね☺️

こんなに寄り添っちゃって、仲良し〜!🥰

それでもまだすれ違う二人。😅

しかし、ついにその瞬間がきました!

オスがメスに身体を押しつけます。

背ビレでメスを包み込みます。

からだを震わせてメスの産卵を促します。

この様子はぜひ動画でご覧ください。

以上、今回は ノソブランキウス エガーサイの繁殖シーンをたっぷりとご紹介しました。

他の卵生メダカの繁殖行動についてもこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

関連記事

ピートモスの上でノソブランキウスの繁殖行動は水槽の中でほぼ毎日行われます。その姿を見るのは、飼育する者にとってこの上ない至福の瞬間です^_^今回は、ピートモスの上で繰り広げられる彼らの仲睦まじい姿を一緒に見ていきましょう[…]

関連記事

なかなか立ち会えない卵生メダカ 年魚の繁殖シーン以前、卵生メダカの年魚 ノソブランキウスの繁殖行動の瞬間をご紹介しました。こちらの記事です。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://minimal-[…]

卵生メダカの年魚は、次世代に繋ぐための卵を採取できるとひと安心、といったところがあります。

だから日々ペアの姿を観察しては一喜一憂する。そんな楽しみ方もまた一興です。

小型水槽の夏場の水温上昇対策に「ここひえ」がおすすめな理由

ピンポイントで冷却できる小型冷風扇。一晩中つけても1.3円と省エネで、部屋全体を冷やすエアコンより約95%もお得です。

 

>楽でお得で安心!新しい水の使い方

楽でお得で安心!新しい水の使い方

●水道直結だからボトル運搬やタンクの交換が不要!

●どれだけ使っても定額だから長期的にコスト削減

●細菌や臭みを除去し大切な成分は残す安心フィルター

CTR IMG