ベアタンク小型水槽で卵生メダカの飼育を楽しむブログ

実験!トリミング禁止の卵生メダカ ネイチャーアクアリウム

ネイチャーアクアリウムのその後

45センチスリム水槽では、相変わらずノソブランキウスとアフィオセミオンが仲良く混泳して泳いでいます。

以前立ち上げた自称ネイチャーアクアリウムです(笑)

関連記事

ネイチャーアクアリウムへの憧れネイチャーアクアリウムというのには憧れますね。小さな水槽の中に自然の水景を再現する。その中で水草も魚も活き活きと育ち、自然のままの生態環境をお家にいながら味わえる。卵生メダカ飼育をしていると[…]

この環境にもすっかり慣れて、毎日の餌やり時間は水槽に近づいただけで水面に寄ってきて餌をねだります。可愛いものです。

この水槽はネイチャーアクアリウムと称しただけあって、自然界に近い雰囲気にしたくて水草を成長の早いラージパールグラスとグリーンロタラだけに絞って、水面までびっしり覆うくらいのレイアウトにしています。

また、雰囲気だけではなく、実際に「自然に」ということであえて手をかけずに、水草の成長にまかせるままにして観察しています。

そのため、水草のトリミングは一切禁止!

水草が生えたいだけ生えるジャングルのような野生の小川感を出してみることがコンセプトです。

今回はそんなネイチャーアクアリウムのその後の様子をご覧ください。

水草生えまくりの水槽は狭い

まず皆さんにお伝えしたいのが、水草は際限なく伸びまくっているということ。

ラージパールグラスよりグリーンロタラの方が成長が早いのか、一面ロタラだらけになっています。水面を覆うどころではなく水面に達した茎は止まるところを知らず、横に下にジャンジャン伸び放題です。逆にラージパールグラスはその陰になってしまい枯れてきてしまいました。

魚たちの居場所もないくらいで、水草の無い低層の空きスペースに集まっていることが多いです。いっぺんに生存確認できるのはよいですが…😅

そんな水槽内の様子を動画でご覧ください。

逆に場所を気にせず好き勝手にあちらこちらに陣取っているのはレッドラムズホーンたち。

水槽の壁面や底面にいるものかと思ったら、ほとんどが水草にくっついてぶら下がっています。藻とかを食べているのでしょうか?水槽内にラムズホーンはだいたい30匹ほどいますが、みんなこのようにぶら下がってまるで水草がクリスマスツリーみたいに賑やかです😆

卵生メダカたちの遊び場は?

そんな狭い水槽の中、卵生メダカたちには自由に泳ぐスペースがあまりありません。

水槽の端っこに水草が少ないスペースを見つけたものの、横に移動できないので縦に泳ぐしかありません😓

水草の上部に少し空いたスペースを見つけると、そこに入り込んだりしています。

ちなみにこのように水草の上に乗っかって休んでいることが多いです。水草はベッド代わりになるんですね😁

唯一水面に一箇所だけ、水草が少ない10センチ四方くらいのオープンスペースがありました。ここにはみんな大集合!数少ない遊び場になっています。

そんな様子を動画でもご覧ください。

ちょっと勘違いしたネイチャーアクアリウム⁈ を楽しんでみましたが、自分の水槽でコンセプトを決めていろいろ実験してみるのは、普段とは違った魚たちの行動を見られて楽しいものですね😊

このネイチャーアクアリウム、さすがに水草がちょっと収集つかなくなってきたのでトリミングして、アクアリウムの衣替えをしようと思います。

次はどんなレイアウトにしようか、楽しみです!😁

小型水槽の夏場の水温上昇対策に「ここひえ」がおすすめな理由

ピンポイントで冷却できる小型冷風扇。一晩中つけても1.3円と省エネで、部屋全体を冷やすエアコンより約95%もお得です。

 

>楽でお得で安心!新しい水の使い方

楽でお得で安心!新しい水の使い方

●水道直結だからボトル運搬やタンクの交換が不要!

●どれだけ使っても定額だから長期的にコスト削減

●細菌や臭みを除去し大切な成分は残す安心フィルター

CTR IMG